2019年5月29日

01 きっかけ

01 きっかけ
わたしたちの家、建てたいね。

この何気ない妻の一言からすべては始まった。
結婚して3年目。特に不自由を感じるわけでもない賃貸マンションでの暮らし。
だけど、ふとした時に考える家族の将来像は、確かにこの家で過ごすものではなかった。
「じゃあ、僕たちらしい家づくりをしよう。」
そんな僕の言葉に、彼女は笑みを浮かべてうなずいた。

きっかけ最初は、ネットで住宅会社を探したり、住宅の雑誌を買ったりしてみた。いろんな家を見たことで、漠然としたイメージが少し輪郭をおびたような気がしたけど、結局何をどうしようという話には至らないまま1ヶ月くらいが過ぎた。
そんな時、ネットで工務店を検索していると"R+house奈良"というサイトに行き着いた。運営しているのは"クレイル"という会社らしい。サイトにはいくつもの施工例が掲載されていて、好みのオシャレな家が何軒もあった。
「そのお家、かっこいいね!」僕のiPadをのぞきこんだ彼女が言った。「何からはじめたらいいかわからないし、気になる会社にひとまず相談してみない?」「どうせ相談するなら、オシャレな家を建てられそうなところに行ってみよう」そんなやり取りの後に、ネットから問い合わせをしてみた。
翌日連絡がきて、週末に来店することになった。

02 相談

02 相談


相談想いだけを胸に、行ってみる。

ショールームに行ってみると、爽やかな男性が笑顔で応対してくれた。「つたない言葉で一生懸命説明しないといけないだろうな」なんて覚悟とは裏腹に、世間話のような話しから、仕事や趣味、将来のことなど、とても自然に引き出してくれた。そして、ひとしきり話した後は、気になっていることをまるで始めから知っていたかのように、一つ一つわかりやすく丁寧に話してくれた。

相談そこでまず感じたのは、思ってた以上に僕たちが家づくりを知らないということ。ぼんやり想像していた「真新しく自分たちらしい家」をつくるには、やるべきことが山のようにあるらしい。けれど、彼と話しをしていくうちに何となく「この会社に相談すれば、何でも解決する気がする」という不思議な安心感を覚えた。はじめての相談だったので、その場で何かを決めるつもりはなかったものの、「またここに相談に来よう」とはっきり思えた。帰りの車を運転しながら彼女と話してみると、やはり同じような印象を受けたようで、その横顔にはホッとした表情をのぞかせていた。

よくあるご質問

Q1 R+house[アール・プラス・ハウス]といままでの注文住宅とではどこが違うのですか?
注文設計でありながら、部材や仕様や設備に一定のルールを設けたところです。そうすることで、職人の手間が省け、作業日程にムダがなくなり、建築時間も短縮できます。しかも、お客様が途中で素材選びの選択に悩みすぎる負担からコストの負担まで少なくできるようにしました。


Q2 コストを下げても構造や性能には影響はないのでしょうか?むしろ品質が上がっているといえます。質を落としてコストを軽減するローコスト住宅とは違い、職人が仕事をしやすいようなルールや、部材の仕入れシステムをきちんと整えることでコストダウンを図る画期的な省コスト住宅ですから、家の構造や性能を左右する部分には驚くほど高品質のものを標準として使っています。


Q3 ハウスメーカーとR+house[アール・プラス・ハウス]では作り方のどこが違うのですか?ハウスメーカーの注文住宅は、あらかじめ工場で屋根、壁、床などをユニットにしたものを現場に運び組み立てます。R+house[アール・プラス・ハウス]では、すべて現場で行います。現場での施工手間が極力かからないように寸法、仕様、設備などに細かいルールを設けて合理的な家づくりをしています。


Q4 ルールがあると、どこも同じように見えませんか?R+house[アール・プラス・ハウス]では、きちんとお客様からヒアリングをして設計図を描きます。しかも、全国で幅広く活躍するアトリエデザイナーといわれる感性・経験の豊かな建築家が、お客様のご意向や土地の条件を反映してオリジナル図面をつくりあげます。だから、一見すると似たように見えても、まったく違う個性の家が完成します。


Q5 自分が描いているプランでもR+house[アール・プラス・ハウス]で建ててもらえますか?もちろん、どのようなオリジナルプランでも建てられます。ただ、建築家はそのプランやヒアリングから、お客様のライフスタイルや本当の要望を読み取り、更にR+house[アール・プラス・ハウス]の合理的なルールに基づいた、真にお客様の思い描くプランを実現してくれることでしょう。


Q6 アンティークのドアをつけたり、海外の大型設備を取り付けることはできますか?もちろん、注文住宅ですからそのようなご希望にも沿うことはできます。その場合、形状やサイズがR+house[アール・プラス・ハウス]標準のモジュール寸法から外れ、施工が困難になり、職人の手間や作業時間がよけいにかかることになります。その点で、部材費に加えてコストに影響がでることをご容赦ください。


Q7 R+house[アール・プラス・ハウス]で進めていて、フルオーダーの注文住宅に変更することはできますか?もちろんお客様判断で変更はできます。R+house[アール・プラス・ハウス]は注文住宅を効率よく合理的にすることでコスト削減を実現できる家です。そのため、ルールに縛られたくないとか、金額はあまりこだわらないというお客様には最初からフルオーダーの注文住宅をおすすめすることもあります。


Q8 オプションのこと、金額のことについて教えてください。オプションとはルール以外の施工、仕様、設備などのことです。R+house[アール・プラス・ハウス]は、ルール内で家を建てると一般注文住宅よりコストを抑えクオリティの高い家を提供することができる画期的なシステムです。ですから、ルール内に納まらない形状やサイズをご希望の場合は、職人の手間、材料を含め、すべてオプションとさせていただき別途料金がかかります。


Q9 インテリアなどは好みのものを選べるのでしょうか?インテリアは住み心地を左右する大切な要素です。R+house[アール・プラス・ハウス]はルールがあっても室内建具や床材、壁の素材など、室内イメージに関わる部分には選択肢を設けています。
ヒアリングの段階でお客様のご希望するテイストを出来るだけ活かすように、建築家がご相談に応じます。


Q10 標準仕様にウッドデッキやバルコニーが無いようですが、つくれますか?問題なくつくれます。R+house[アール・プラス・ハウス]は基本的なルールがあっても、すべてオプションのご用意があります。もちろんオプションには別途料金がかかりますが、その金額は明確です。
すべてを思い通りに自由建築にしたい場合は別ですが、こだわりたい場所が限られている場合には、R+house[アール・プラス・ハウス]の家づくりを基本にすることでコストを削減しながら、最終的に想像以上にクオリティの高い家を完成させることができます。

キッチン

その良し悪しで、毎日のお料理タイムの快適さやストレスが大きく変わってくるキッチンは、
主婦や主夫の方にとって、最も重要なチェックポイントのひとつ。
室内のテイストにマッチしたデザイン性の高さはもちろん、
ストレスのない家事動線や、メンテナンスのかかりにくさなど、機能性も充実したキッチンで
毎日のお料理の時間をもっと楽しく!

  • kit01.jpg
  • kit02.jpg
  • kit03.jpg
  • kit04.jpg
  • kit05.jpg
  • kit06.jpg
  • kit08.jpg
  • kit09.jpg
  • kit10.jpg
  • kit11.jpg
  • kit12.jpg
  • kit13.jpg
  • kit14.jpg
  • kit15.jpg
  • kit16.jpg
  • kit17.jpg
  • kit18.jpg
  • kit19.jpg
  • kit20.jpg
  • kit21.jpg

カテゴリ別実例一覧に戻る

03 勉強会

03 勉強会


勉強会後悔しないための勉強会。

もっと家づくりのことを知りたくなり、妻と一緒に"賢い家づくり勉強会"へ。そこでは、住宅を安く建てる方法や、お得な土地の見つけ方など、今まで知り得なかった大切な話をいくつも聞くことができた。「ここに来なかったら絶対後悔してたね!」という彼女の目からは、なにか決意のようなものも感じた。どのように家づくりを始めたらいいかを見据えられた、良い機会になった。

04 見学会

04 見学会


見学会「間違いない」と思えた見学会。

「まずは実物を見てみないとね!」妻とそんな話をしながら、担当者さんに電話。すると、翌週末にちょうど"家展"というモデルハウスの見学会があることを教えてもらい、行ってみることに。

見学会案内されたのは住宅街にある一際目立った家。僕好みの角張った外観、自転車も入る広い土間、視界を遮るような壁がないひとつなぎのLDK。今住む賃貸マンションと比べてか、彼女は開放的なキッチンのつくりを気に入ったようだ。写真は事前にいくつか見ていたものの、予想以上の開放感と室内を明るく照らす光の気持ちよさに、2人して「ここに住みたい!」なんて言葉がつい出てしまうほど。実際に見て体感することの大切さを改めて感じつつ、「こんな素敵な家を建てられる会社にお願いしたい」と確信できた、充実の1日だった。

05 土地探し

05 土地探し


土地探し土地との出会い。

これまでの相談や勉強会で土地選びの重要性はわかったけど、正直なところ自分たちだけで探すのはとてもハードルが高いと感じていた。でも"R+house奈良"であるクレイルさんは"Century21"として不動産業を営まれているので、プロにお任せすることにした。
資金計画に合わせて土地の予算や条件を一緒に考えてもらい、それに沿って探してもらうこと数週間。最初に紹介してもらった土地は、良い所も気になる所もあって決めかねていたところに、「ぴったりの土地がありました」という担当者さんからの1本の電話。見に行ったのは、ちょっといびつな変形地。でもなぜか「ここしかない!」とすぐに思えた。条件に合うというだけでなく、家が建った姿や通勤で前の道を通るシーンをすんなりイメージできたからだ。これまでに見た土地の印象とは明らかに異なる、しっくりくる土地との出会いだった。
担当者さんの「土地は出会い」という言葉を実感できたと同時に、担当者さんとの出会いにもしみじみ感謝した。

06 ヒアリング

06 ヒアリング


ヒアリングヒアリングから生まれた、
理想の間取り。

土地を決め、設計プランを申し込んだ後に待っていたのは、建築家さんを交えたヒアリング。てっきり「部屋はいくつ欲しい?」とか「和室は必要?」とかを聞かれるかと思いきや、「ご夫婦の趣味は?」「お子さまが生まれたら、どう過ごしたいですか?」など、ライフスタイルや想い描いている未来像の中から、何が大切かを見極めるようなものだった。
思い浮かべながら談笑も交えて答えていると、建築家さんがおもむろにペンを手に取り、何かを描きはじめる。質問はつづけながらも、ひとしきりペンを走らせ、描き終わったものを見せてくれた。僕たちの想いが詰め込まれた"理想の間取り"が生まれた瞬間だった。じっくり見ても変更の必要を感じないプロの提案力に、夫婦そろってただただ驚き、目を輝かせながら何度も見直した。

家づくりのプロと出会う「ie pro」奈良版vol.4

ie pro想い(アイディア)を
カタチ(具体化)にする
プロたちと奈良で出会う

「iepro」奈良版vol.4
R+house奈良店で、3物件が紹介されました

「H様邸」生駒市軽井沢町 担当:矢野・李

  • ie pro
  • ie pro

ie pro

「M様邸」生駒市山崎町 担当:矢野

  • ie pro

ie pro

「M様邸」京都府木津川市城山台 担当:栗栖

  • ie pro

ie pro

07 プレゼン

07 プレゼン


プレゼン胸がときめく、模型とプレゼン。

ヒアリングから2週間。待ちに待った建築プランのプレゼン。僕らの目の前に白い模型が登場した。
屋根を開けると、ヒアリングで生まれた"理想の間取り"がキレイに再現されていた。ひとつずつ丁寧に紐解くような建築家さんの説明。一言一句にどんどん引き込まれ、僕も彼女もワクワクが止まらなくなった。生活の動線、採光、窓からの景色や外からのプライバシーなど、ここで暮らす僕ら家族のことが隅から隅まで考えつくされた図面や模型に、見れば見るほど感動がこみ上げてくる。
土地がいびつな形をしていたことで少し不安に思っていたが、そんな素人の心配はものともしない圧倒的なプロのパフォーマンスに、妻と目を見合わせながら喜んだ。

08 仕様決め

08 仕様決め


仕様決め夢がふくらむ、仕様決め。

建築プランが決定したので、今度は仕様決め。素材のサンプルなどを見ながら仕様や設備を決めていく作業は、何とも楽しい時間だった。予算的な制限はあるものの、素材にしろ、色にしろ、悩んで決めていく一つ一つが暮らしを想像しながらのもの。日増しに帯びていくリアリティに、どんどん夢がふくらんでいくのを感じた。

スタッフ

畑 智也畑 智也【名前】 畑 智也(ハタ トモナリ)
【出身】 滋賀県 湖南市
【趣味・好きなこと】 サッカー・仕事 
【休日の過ごし方】 ゆっくり寝る・奥様の買い物のお供・子供とサッカー
【資格】 宅地建物取引士
【コメント】
住宅課の畑と申します。
家は住んでからがスタートです。
住まないと分からないから、一生の買い物って大変ですよね。
クレイルでは土地から建物まで一貫してご提案できます。
ご一緒に楽しい家づくりを描いていきましょう!


栗栖 毅栗栖 毅【名前】 栗栖 毅(クリス タケシ)
【出身】 奈良県橿原市
【趣味】 年に1回家族ディズニーランドへ行くこと
【休日の過ごし方】 家族と一緒に過ごしています。
【資格】 宅地建物取引士・FP3級・不動産仲介士
【コメント】
クレイルで働き始めて10年目を迎えます。
常にお客様目線での営業を心がけております。
1番大切にしている所は、私が関わるお客様に最高にご満足いただけることです。
営業が下手くそなので、常にお客様の意見を大切にし、些細な事でもご相談させて頂くように心がけています。
どうぞ、よろしくお願いします。


岡田 有為岡田 有為【名前】 岡田 有為(オカダ ユウイ)
【出身】 岡山県
【趣味】 サッカー・フットサル・建築巡り
【休日の過ごし方】 息子とよく公園に行きます
【資格】 二級建築士・宅地建物取引士・色彩検定2級
【コメント】
住宅、建築はお客様にとって分かりにくい事や難しい事も多いと思いますが、お客様にお家づくりを楽しんで頂きたいと思っています。
私自身もお客様と一緒にお家づくりを楽しませて頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。


安永 真樹安永 真樹【名前】 安永 真樹(ヤスナガ マサキ)
【出身】 大阪府
【趣味】 音楽・映画鑑賞
【休日の過ごし方】 朝からずっと映画を観てます。
【資格】 二級建築士
【コメント】
着工から完成、お引き渡しまで、現場では色々大変なことも少なくないですが、お客様の喜びの声、笑顔を少しでも多く頂けるよう一つ一つ丁寧に誠心誠意ご対応させていただきます。お客様の夢を叶えるお手伝いをさせて頂きます。よろしくお願いします。


田端 俊樹田端 俊樹【名前】 田端 俊樹(タバタ トシキ)
【出身】 奈良県生駒市
【趣味】 サッカー・フットサル・カメラ・旅行
【休日の過ごし方】 
車でドライブしながら良いなと思ったところに立ち寄り写真を撮っています。
【コメント】
奈良で実際住んでいるからこそ分かる事や、暮らしてきた知識などを生かして仕事に臨みます。
また、地元である生駒をもっと盛り上げていきたいと思っています。


益山 博之益山 博之【名前】 益山 博之(マスヤマ ヒロユキ)
【出身】 鹿児島
【趣味・休日の過ごし方】 映画鑑賞
【資格】 一級建築士、宅地建物取引士
【コメント】
歳の割には元気で、気持ちは若いです。
今年は茶目っ気のあるキャラクターで皆さんと接する予定です。これを見ている「貴方」と知り合いになれるといいな~と思っています。どうぞよろしくお願い致します。

09 工事

09 工事


工事工事期間も、毎日が楽しみ。

家の全容が決まり、いよいよ着工。はじめての家づくりだからか、やっぱり気になって何度も足を運んでしまう。骨組みができあがってから日に日に進んでいく工事。想い描いている"理想の家"に一歩ずつ近づいていく過程を目に焼き付けながら、毎日を楽しみに過ごした。

10 完成

10 完成


完成完成を迎えた、僕たちの家。

外構工事も終え、完成を迎えた"僕たちの家"。わからないことだらけだったけど、いろんなことを教わりながら、本当に楽しむことができた家づくりだった。

完成引き渡し当日に担当者さんがこんな話をしてくれた。「お住まいは完成しましたが、私たちとのお付き合いが終わったわけではありません。お過ごしいただく中でお困りのことがあれば、これからも何でもご相談ください。」完成の喜びを噛みしめているところに、僕らがこれから安心して暮らしていけるよう気づかった真心ある言葉までもらった。「本当にありがとうございました」と言いながら何度も固い握手をした。

完成


真新しい家を見上げながら、今日までの楽しい数ヶ月をゆっくり思い出しながら妻に言った。
「この家で、僕たちらしい家庭をつくっていこう。」
そんな僕の言葉に、彼女は満面の笑みでうなずいた。

FIN

家づくりの流れ

R+house奈良(VITA)で住宅を建てる際の、代表的な「家づくりの流れ」の一例を以下にご紹介します。マイホームを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

STEP 01
STEP01無料の個別相談で
まずは何でもお尋ねください!

お金のことや、土地のこと。マイホームを建てる際には、検討しないといけないものがたくさんあります。まずは、気になることを住宅のプロにお尋ねください。
「お店に行く前に、ゆっくり考えてみたい。」という方は、資料請求をどうぞ。プロの個別相談も資料請求も無料です!


個別相談を予約する
資料を請求する


STEP 02
STEP02勉強会に参加しましょう!

一生に一度の大切な家づくりで、後悔するようなことがあってはいけません。家を建てる上での重要なポイントを知っていただくために、随時開催している「賢い家づくり勉強会」にご参加ください!


勉強会を予約する
無料イベント情報


STEP 03
STEP03見学会で体感しましょう!

お施主様にご協力頂き、「構造見学会」や「完成見学会」を随時行っております。参考になる見所がたくさん詰まっていますので、ぜひともご参加ください!


見学会を予約する
無料イベント情報


STEP 04
STEP04資金を計画しましょう!

住宅ローンを借りる際「知らないと損をする」ことがたくさんあります。無理なく損することなくマイホームを手に入れていただくために、VITAでは資金計画も丁寧にアドバイスさせていただきます!


STEP 05
STEP05土地を探しましょう!

良い家を建てること以上に難しいのが「良い土地を見つける」こと。土地選びに失敗しないためには、プロの目で探すのが一番です。VITAは、Century21として不動産も取り扱う土地探しのプロ。しっかりサポートいたしますので、どうぞご安心ください!


不動産情報


STEP 06
STEP06敷地調査のあとは
建築家へプラン設計申込

土地が決まったら、建物を建てるにあたり、土地の広さや形状、地盤、水道、ガス等の引き込み導線などをお調べします。安心・安全のマイホームづくりへの第一歩です。その後、いよいよ建築家へプラン設計を申し込みます!


施工事例


STEP 07
STEP07建築家のヒアリング

ご夫婦の趣味や、未来の家族像、お子さまとの家での過ごし方などを思い浮かべてお聞かせください。ご家族の成長やライフスタイルの変化を深くイメージし、最適なプランを描くための大切なステップです。実際以上の広がりを演出する空間構成、光と風の取り込み方など、建築家がさまざまな工夫を凝らしながら、土地に合わせて理想的なマイホームをデザインします。


建築家によるデザイン


STEP 08
STEP08プランの確認と追加調整

建築家が将来のライフスタイルの変化への対応まで考え抜いたプランを、マイホームの模型と共にプレゼンします!建築家ならではのこだわりのポイントを聞きながら、そこでの暮らしをイメージしてみてください。追加のご要望や調整のご希望はこの時に伺います。プランと概算見積でご納得いただけましたら、建築確認申請に使う図面を作成する実施設計のお申し込みです。


STEP 09
STEP09最終確認と仕様決め

微修正を反映し、細部まで作り上げた最終プランを確認した後は、外壁、屋根材や床材、ドアや設備などの仕様を決めていきます。色のバランスなどは建築家にも相談しながら、好みの家に仕上げていきましょう。


STEP 10
STEP10仕様打ち合わせ

営業担当や弊社の建築士、現場監督と相談しながら、仕様や細かい設計については、何度でも打ち合わせしていただけます。建物の骨組みが出来上がってきたら、実際に現場で空間や高さをイメージしながらの打ち合わせも行います。


STEP 11
STEP11設計・施工請負契約から着工へ

素敵なマイホームを建てるお約束をしたら、職人さんが一丸となり、最後まで丁寧につくりあげます。工程としては、地鎮祭→地盤基礎工事→棟上げ・外部工事→内部・設備工事→外構工事→完成・引っ越しという流れに。あなたの"理想の家"が完成するまで、今しばらくお待ちください。


STEP 12
STEP12お引渡し後のアフターサービス

お引き渡し後から、お客様との長いお付き合いが始まります。奈良・生駒で注文住宅を造り続けるVITAは、お客さまが末永く安心してマイホームでお過ごしいただけるように、アフターサービスとして定期訪問や、お引き渡し後の3ヶ月点検、1年点検、3年点検、5年点検、10年点検といったアフターメンテナンスを行っております。


保証とメンテナンス

無料イベント・個別相談へ!

家づくりに関することなら、どんなことでもご相談ください!
お問合せいただいても、無理な営業などは一切ございませんのでご安心ください。

VITA
VITAREAL ESTATE
VITADESIGN