注文住宅で間取りの自由度アップ!
平屋の魅力と生駒市・奈良市の土地坪単価

平屋と聞くと、昔ながらの日本家屋のイメージを持つ方も多いかもしれません。しかし近頃では、スタイリッシュな外観の平屋も多く、若い子育て世帯の間でも人気が高まっているのです。注文住宅で建てる平屋は、間取りの自由度が高く平屋ならではのメリットも多くあります。今回は、一戸建ての注文住宅における平屋の魅力とともに、平屋の建築におすすめのエリアもご紹介しましょう。

黒とウッドのスタイリッシュな平屋


01 The charms of one-storied house

平屋住宅3つの魅力
2階建てが主流の戸建て住宅の中で、1階建ての平屋はどのような住み心地なのか気になるところではないでしょうか。実際に住んでいる人の多くは、平屋暮らしにメリットを感じているようです。ここからは平屋住宅の魅力を3つピックアップしてご紹介します。


すべてがワンフロアに収まる暮らしやすさ

平屋は1階しかないため、生活スペースのすべてがワンフロアに収まります。間取り次第で生活動線がコンパクトになり、家事の負担を軽減できるのも大きなメリット。LDKと個人の居室が同じフロアにあるため、家族の気配が感じられ、コミュニケーションがとりやすいのも平屋の魅力のひとつです。

ワンフロアの暮らしやすさはマンションにもありますが、採光や庭との一体感を考慮した住まいづくりができるのは、平屋ならではの魅力と言えるでしょう。

強い構造と安く抑えられるメンテナンス費用

おうち造りの資金計画

平屋は建物の高さが低い分、2階建て以上の建物に比べて構造が安定しています。1階と2階のつなぎ目部分がない上に重心が低いため、住宅の構造自体が強いのが特徴。地震の揺れに強く、台風の影響も受けにくいと言われています。

新築で建てた住宅も、長く住んでいると屋根や外壁などのメンテナンスが必要です。1階建ての平屋ではメンテナンスの際に足場を組む必要がなく、その分費用が安く済みます。長く住み続ける家だからこそ、メンテナンス費用を抑えられることは、大きな魅力ではないでしょうか。

バリアフリーで老後も安心

平屋の大きな特徴と言えば、階段がないこと。バリアフリー化しやすいことは、平屋の魅力のひとつです。高齢になると、階段の上り下りが負担になることもあるでしょう。2階建て以上の戸建て住宅でも各フロアをバリアフリーにできますが、ホームエレベーターを設置するとなるとかなりの費用がかかります。

その点、2階がない前提で建てられた平屋なら、老後に大きなリフォームをすることなく住み続けることが可能。また、子どもが小さな頃は、階段からの転落の危険も避けられるため安心して暮らせます。


02 The advantages of building a one-storied house

注文住宅で平屋を立てるメリット
ガレージのある平屋の家


多くの魅力がある平屋住宅ですが、注文住宅で建てるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

まず、大きなメリットとして挙げられるのは、注文住宅では間取りの自由度が高いこと。家事動線のよい間取りや、コの字型やロの字型で中庭を囲んだ間取りなど、希望に合わせた平屋を建てられます。また、2階がないため「LDKの天井を高くする」「勾配天井を取り入れる」など工夫して、開放感あふれる住宅にすることも可能です。

注文住宅では、外観も含めトータルで「住みたい家」のイメージを実現できます。例えば、VITAが手掛けた平屋住宅の中には、「愛車を眺めるために建てられた」というビルトインガレージがある平屋も。イメージした理想の家をプランに落とし込んで建築できるのは、注文住宅の醍醐味と言えるでしょう。


03 The Area suitable for building a one-storied house

平屋を建てるならどのエリア?
ここまで平屋住宅の魅力をお伝えしましたが、実際に建てるとなると費用の面も気になるのではないでしょうか。平屋を建てるには、2階がない分広い土地が必要になります。費用を抑えるためには、坪単価が低い土地を探すこともひとつの方法です。ここからは、奈良県で平屋建築におすすめのエリアと土地坪単価をご紹介しますので、参考にしてください。


生駒市

奈良県の北西端に位置する生駒市は、標高642メートルの生駒山をはじめ、矢田丘陵や京丘陵が広がる緑豊かな市です。大阪府と京都府に隣接し、生駒駅から大阪の難波駅までは近鉄奈良線の快速急行で約25分とアクセスがよく、大阪に通勤する人たちのベッドタウンとしても人気があるエリア。

2022年に国土交通省が発表した生駒市の地価公示価格は、平均坪単価が約36.2万円です。生駒市は2019年にSDGs未来都市に選定され、環境に配慮した再生可能エネルギーの普及や、エネルギーの地産地消サイクルの推進をしています。東京圏からの移住者への支援金給付制度や、住宅の創エネ・省エネシステム設置費用の一部を助成する制度があるので、一度要件を確認してみてはいかがでしょうか。


奈良市

奈良市は奈良県の県庁所在地で、その昔、「奈良の都 平城京」として栄えた地域です。そのため多くの文化財を有し、奈良の大仏で有名な東大寺をはじめとする8つの資産で構成された「古都奈良の文化財」は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

奈良市への移住者は増加傾向にあり、2021年の0歳から14歳の転入超過数は全国17位でした。全国に先駆けて市内の全市立小・中学校へのタブレット端末の配布を行うなど、充実した教育環境が子育て世帯からの注目を集めているのではないでしょうか。奈良市では、無料で利用できる「子育て広場」を40か所以上設置しているほか、学童保育では19時までの延長保育の利用や、給食のない夏休みにも昼食を注文できる全国初の取り組みをしています。

2022年国土交通省発表の地価公示価格によると、奈良市の平均坪単価は約45.3万円。奈良市はリニア中央新幹線の新駅誘致に取り組んでおり、実現するとなると地価にも影響があるかもしれません。

04 Let's take counsel!
魅力的な平屋を平屋を注文住宅で建てるなら「VITA(ヴィータ)」へ!

カジュアルな空間で仕事をするインテリアコーディネーター

今回は注文住宅における平屋の魅力を中心に、おすすめのエリアや坪単価についてもご紹介しました。VITAでは生駒市や奈良市を中心に、土地の売買から注文住宅までトータルでサービスを提供している工務店です。夢のマイホームに理想的な平屋暮らしを実現したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

VITAの開催するイベントを見てみる

平屋の施工事例を見てみる


無料イベント・個別相談へ!

家づくりに関することなら、どんなことでもご相談ください!
お問合せいただいても、無理な営業などは一切ございませんのでご安心ください。

VITA
VITAREAL ESTATE
VITADESIGN