住宅密集地でも快適。日常を満喫できる黒い箱型の家 


deyama_main 住宅密集地でも快適。日常を満喫できる黒い箱型の家

マットな黒い外壁に深い色味のウッドの組み合わせ。
エッジの効いたクールな佇まいに、緑の瑞々しい植栽で彩がプラスされ、尖りすぎないスタイリッシュさが生まれます。

住宅密集地で両隣と密接した土地に建てられたお施主様邸。そのような場合、2階リビングを採用するのが定番。
ただ、外部との繋がりがなくなってしまうのが難点でもあります。
そこで、建築家が提案したのが、"玄関の位置を周囲の住宅と逆側に設置する" というアイデア。
こうすることで、隣家との視線を逸らしつつ、お施主様の希望だった大きな庭を設置することも可能に。
日当たりや風通しも入念に計算された窓配置で、圧迫感のない居心地良さと、プライバシーへの配慮を同時に叶えることができました。

さらに1階は、回遊性の高い動線を確保しつつ、仕切る壁をできる限り減らした間取りに。そうすることで、お部屋に広がりを持たせながら、家族の気配がいつも感じられる空間が実現しました。

見た目のデザインはもちろん、住み心地のデザインまでしっかり考慮。
建築家と建てる、VITAの家らしさが感じられるお家です。


 

建築家:木内 浩司(words worth craft)
住宅設計で大切なことは2つあります。1つは土地(環境・風土・方位)が持つ特性に寄り添い、最適なアイデアを導くこと。2つめは対話により住まう人の想いを読み取ること。家族の距離感と笑顔の姿を想像し、街並みや環境にそっと溶け込む住宅建築を目指しています。


   
 


建匠vol6<br />

★「建匠vol.6」掲載物件★

  • deyama01
  • deyama02
  • deyama04
  • deyama05
  • deyama07
  • deyama11
  • deyama13
  • deyama15
  • deyama16
  • deyama17
  • deyama19
  • deyama20
  • deyama22
  • deyama24
  • deyama25


施工事例一覧に戻る



▼建築家の感性を紐解くWEBマガジン "AND ARCHI" はこちらかから▼

  • andarchi_bnr01.jpg

無料イベント・個別相談へ!

家づくりに関することなら、どんなことでもご相談ください!
お問合せいただいても、無理な営業などは一切ございませんのでご安心ください。

VITA
VITAREAL ESTATE
VITADESIGN