10年間の瑕疵担保責任について

【第三者機関】
財団法人 住宅保証機構
日本住宅保証検査機構
株式会社ハウスジーメン など

【概要】
新築住宅を供給する事業者は、住宅の構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に起因して住宅の基本的な耐力性能もしくは防水性能を満たさない場合に、住宅事業者が住宅取得者に対して10年間の瑕疵担保責任(無料で補修する義務)を負っています。

平成21年10月1日よりスタートした住宅瑕疵担保履行法は瑕疵の補修等が確実に行われるよう、保険や供託を義務付けています。
尚、●●会社名またはブランド名挿入●●は上記第三者機関の●●保険(保険名)に加入し、検査も受けて建築を行なっておりますので、ご安心ください。

●●会社名またはブランド名挿入●●の住宅は第三者機関による厳密な検査、各種保証を受けています。
住宅業界では珍しい品質保証のISO9001/14001も取得しています。今後とも品質マネジメントシステム(ISO9001)と環境マネジメントシステム(ISO14001)の認証企業としての責任と誇りを持って、社会に貢献できる企業を目指してまいります。

お電話でのお問合せについては9:00~19:00(水曜定休)0743-75-5477